【ライター系】

【ライター系】

フリーランスのライター

フリーターからフリーランスになるためにはそれなりの専門性とスキルが必要でしょって思いますよね。そんな中、比較的お手軽にフリーランスの第一歩が踏める職種がライターです。ライターとして活躍している人の多くは、クラウドソーシングを利用した経験があります。クラウドソーシングとは、サイト上で仕事探しから報酬の受け取りまでを完結できてしまうサービスのことです。ライターになるために資格は必要なく、クラウドソーシングの中にできそうな案件が見つかれば今すぐにでも仕事を始められますよ。フリーランスの仕事はいろいろありますが、とにかく自由度が高いのがライター職のいいところです。

ライターの年収

フリーランスのライターの年収は、どのぐらい仕事に時間を費やしているかによって大きく差が出ています。フルタイムで働いているフリーランスのライターの年収は300万円ぐらいが相場ともいわれています。1,000万円以上稼ぐライターもいるにはいますが、それほど多くないのが現状です。ライターになったばかりの初心者は、年収200万円稼ぐのもやっとといったところでしょうか。専門知識と経験がある分野のライターなら年収300万円、インタビュー記事や雑誌の記事も書けるライターなら年収400万円、翻訳などプラスアルファのスキルと組み合わせれば年収600万円を狙っていくこともできますよ。

文字単価と記事単価

ライターの単価は、1文字につきいくらと決められている「文字単価」と、1記事につきいくらと決められている「記事単価」があります。クラウドソーシングでは、誰でも書ける簡単なテーマの記事だと文字単価0.5円以下と単価はかなり低めです。インターネットでリサーチしながら書ける内容なら、1円から1.5円ぐらいでしょうか。ただし、インタビュー記事やオリジナル記事になると単価が高くなる傾向があるんです。かつては「ライターは稼げない」ともいわれていましたが、案件によっては1文字3円から5円ぐらいになることも最近では珍しくありません。
記事単価については、1記事3,000文字程度でいくらと報酬が決まっています。簡単な内容だと1記事3,000文字で1,500円、調査ありの記事なら3,000文字で5,000円、金融系の専門家が執筆する記事などだと5,000文字で20,000円ぐらいになる案件もありますよ。クラウドソーシングで公開されている案件は全体的に単価が低く設定されていますが、継続していると単価をアップするクライアントは多く、1〜2円からのスタート後1.3倍、1.5倍へとアップし、成果物と交渉次第でそれ以上になることもあります。実力や実績がある人だと公開されていない好条件のお仕事がフワッと舞い込むこともあるので、やり方次第で意外と稼げたりします。

あなたにおすすめの記事はこちら!

  • フリーターからフリーランスに転身!

    時間給で働いているフリーターが収入をアップさせるためには、働き方を変えるしかありません。ブランクを嫌う日本社会でフリーターから会社員になるのは大変でも、フリーランスになってチャンスをつかむことはできます。

    READ MORE
    フリーターからフリーランスに転身!
  • 【デザイナー系】

    デザイナーの仕事は、企業や商品、サービスのイメージをデザインすることです。グラフィックデザイナーやDTPデザイナーならまとまった年収になるものの、イラストレーターの多くは年収が100万円にも満たないという状況です。

    READ MORE
    【デザイナー系】
  • 2つの違いってなに?

    フリーランスとフリーターは、名前が似ていることから同じだと誤解されてしまうことがありますが、フリーランスは個人で仕事を請け負っている人のことで、フリーターは非正規で会社に雇用されながら時間給で働く人のことです。

    READ MORE
    2つの違いってなに?
フリーランスに興味のある方へ

フリーターとフリーランスの違いや共通点を紹介し、フリーターからフリーランスへの転身を応援するサイトです。 質問・疑問はコチラへどうぞ!