【エンジニア系】

【エンジニア系】

フリーランスのエンジニア

フリーターからフリーランスになる人の職種で多いのがエンジニアです。エンジニアの仕事はIT・Web業界に関連するありとあらゆる業種で必要とされていますよね。エンジニアというカテゴリーの中に含まれるのは、「システムエンジニア」や「プログラマー」です。よく耳にする仕事で、どちらの仕事も同じようなイメージを持つ人が少なくないのですが、それぞれ役割が全然違います。
システムエンジニアの仕事は、クライアントから作りたいと依頼を受けたシステムの概要をヒアリングし、プログラムの設計や開発を行うことです。そして、システムエンジニアが設計した内容に基づいてプログラムを組むのがプログラマーの仕事です。プログラマーの商売道具はプログラミング言語なのですが、プログラミング言語には数多くの種類があるので、なにを作るプログラマーかによって持つべきスキルも違います。プログラマーの仕事は、アプリケーションプログラマーやWebプログラマーなどジャンルごとにカテゴライズされることがあるのですが、その中でも人気なのが、WebサイトやWebアプリなどの開発案件です。

エンジニアの平均年収

フリーランスのエンジニアの年収は600万円から700万円ぐらいです。年収に差をつけるのは、スキルの量と質、経験してきたプロジェクトの内容などです。プログラマーの場合、平均年収は600万円程度といわれていて、専門性が上がればそれだけ年収も高くなる傾向があるんです。では、人気のWebエンジニアはどうかというと、平均年収500万円から700万円と、スキルや経験、実績などによって振り幅は広めのようです。ただ、今は空前のエンジニア不足とあってか、フリーランスのWebエンジニアの単価はジリジリと上がってきているようですね。

フリーランスのエンジニアが年収をアップさせる方法

フリーランスのエンジニアになったからには年収をどんどん上げていきたいと思うものですよね。ではどうすればいいのかというと答えはシンプルで、それはもうひたすらスキルアップしながら経験を積み上げていくしかないということです。広く浅くなんでもできるエンジニアも魅力的ですが、1つのことを突きつめているスペシャリストのほうが単価は高くなりますよ。
単価の相場が高いプログラミング言語を習得しておくというのも大事なことです。使いこなせる人材がまだ少ない言語を身につけているエンジニアは、実務経験がないとしても高単価で契約してもらえる可能性があります。もうひとつの重要なポイントとしては、下流工程から上流工程を目指して努力するというところです。開発現場の最前線からマネジメント職にステップアップしていくことができれば、一気に年収もステップアップできますよ。

あなたにおすすめの記事はこちら!

  • フリーターからフリーランスに転身!

    時間給で働いているフリーターが収入をアップさせるためには、働き方を変えるしかありません。ブランクを嫌う日本社会でフリーターから会社員になるのは大変でも、フリーランスになってチャンスをつかむことはできます。

    READ MORE
    フリーターからフリーランスに転身!
  • 【デザイナー系】

    デザイナーの仕事は、企業や商品、サービスのイメージをデザインすることです。グラフィックデザイナーやDTPデザイナーならまとまった年収になるものの、イラストレーターの多くは年収が100万円にも満たないという状況です。

    READ MORE
    【デザイナー系】
  • 2つの違いってなに?

    フリーランスとフリーターは、名前が似ていることから同じだと誤解されてしまうことがありますが、フリーランスは個人で仕事を請け負っている人のことで、フリーターは非正規で会社に雇用されながら時間給で働く人のことです。

    READ MORE
    2つの違いってなに?
フリーランスに興味のある方へ

フリーターとフリーランスの違いや共通点を紹介し、フリーターからフリーランスへの転身を応援するサイトです。 質問・疑問はコチラへどうぞ!