フリーランスに多い職種ってなに?

フリーターからフリーランスになる人が選ぶ職種の中でも多い職種といえば、「デザイナー」や「エンジニア」、「ライター」です。これらのうち最も平均年収が高いといわれているのがエンジニアで、デザイナーやライターは実力と仕事の取り方次第ではエンジニアレベルまで稼げる場合があります。どの職種の案件もクラウドソーシングで見つけることが可能ですが、クラウドソーシングの場合は全体的に単価が低く設定されている傾向にあります。

フリーランスに多い職種ってなに?
フリーランスに多い職種ってなに?の記事一覧
  • 【デザイナー系】

    【デザイナー系】

    フリーランスに多い職種のひとつといえばデザイナーです。デザイナーの守備範囲は広く、イラスト、ロゴ、広告、ポスター、パッケージデザインなどのデザイナーやWebサイトのデザイナーなどの仕事があります。年収は全体的に低い水準で、イラストレーターの多くは年収100万円以下です。ただし、グラフィックデザイナーやDTPデザイナーなら年収300万円から500万円の幅になり、経験を積んでいるデザイナーなら年収が500万円前後になることもあります。

  • 【エンジニア系】

    【エンジニア系】

    フリーランスのエンジニアには、システム開発における設計・開発を担当するシステムエンジニアや、プログラミングを担当するプログラマーなどがあります。平均年収は500万円から700万円で、仕事内容やスキルによって単価が異なります。エンジニアの年収をアップさせるためには、スキルアップしながら経験を増やしていく必要があります。多くのことがこなせるよりも、1つの技術を突きつめているスペシャリストのほうが単価は高めです。

  • 【ライター系】

    【ライター系】

    ライター職は、フリーランスに多い職種の中でも比較的手軽に入れるジャンルです。多くの場合、クラウドソーシングで簡単な案件をこなしながらスキルアップし、高単価の案件へとステップアップしていきます。ライターの場合、フルタイムで働く人で平均年収300万円程度となっており、専門性やライティングの内容によっては600万円ほどの年収になる場合もあります。公開案件は全体的に低単価ですが、継続していくうちに単価が上がっていくケースが少なくありません。

あなたにおすすめの記事はこちら!

  • フリーターからフリーランスに転身!

    時間給で働いているフリーターが収入をアップさせるためには、働き方を変えるしかありません。ブランクを嫌う日本社会でフリーターから会社員になるのは大変でも、フリーランスになってチャンスをつかむことはできます。

    READ MORE
    フリーターからフリーランスに転身!
  • 【デザイナー系】

    デザイナーの仕事は、企業や商品、サービスのイメージをデザインすることです。グラフィックデザイナーやDTPデザイナーならまとまった年収になるものの、イラストレーターの多くは年収が100万円にも満たないという状況です。

    READ MORE
    【デザイナー系】
  • 2つの違いってなに?

    フリーランスとフリーターは、名前が似ていることから同じだと誤解されてしまうことがありますが、フリーランスは個人で仕事を請け負っている人のことで、フリーターは非正規で会社に雇用されながら時間給で働く人のことです。

    READ MORE
    2つの違いってなに?
フリーランスに興味のある方へ

フリーターとフリーランスの違いや共通点を紹介し、フリーターからフリーランスへの転身を応援するサイトです。 質問・疑問はコチラへどうぞ!