フリーターとフリーランスを比較してみた!

フリーランスとフリーターはまったく異なる働き方ですが、双方の特徴をよく比較してみるといくつもの共通点があることがわかります。一番の共通点は、どちらの働き方も正社員ではないということです。つまり、正社員ならあって当然の基本給や各種手当、社会保障などが一切ないということです。しかし、自由にコントロールできる働き方や経費を計上する節税対策など、フリーランスにはフリーターにはない多くのメリットがあることに気づきます。

フリーターとフリーランスを比較してみた!
フリーターとフリーランスを比較してみた!の記事一覧
  • 2つの違いってなに?

    2つの違いってなに?

    フリーランスとフリーターは、言葉の響きが似ていることから同じだと誤解されがちですが、働き方や置かれている立場がそれぞれまったく異なります。フリーランスは個人で契約を取ってきて働いている人のことで、フリーターは会社と非正規の雇用契約を結んでアルバイトをしている人のことです。フリーターとニートでも誤解されがちですが、ニートは働く意思を持っていない人のことで、仕事を探すことも働くこともしていません。

  • フリーランスのメリット!

    フリーランスのメリット!

    フリーランスとして働くことのメリットは、働く時間や場所を自分で自由にコントロールできる身軽さです。業務にかかる費用を経費として計上すれば節税できるというのも、会社員などにはないメリットです。確定申告が面倒でフリーランスになることをためらっているのであれば、クラウド会計ソフトの利用を検討してみましょう。ITの力で業務を効率化すれば、フリーランスとしての活動にかかるストレスを大幅に軽減できるようになります。

  • 共通点はあるの?

    共通点はあるの?

    フリーランスとフリーターにはいくつかの共通点があります。最大の共通点はどちらも正社員ではないということです。フリーターの場合は会社との雇用関係にありますが、1社だけでなく複数社との雇用契約ができる自由な立場です。経済的にも立場的にも不安定で、社会的信用度が低いところもフリーランスとフリーターに共通する部分です。確定申告をしなければならない点も共通していますが、フリーターの場合は雇用関係にあるのが1社のみなら確定申告は不要です。

あなたにおすすめの記事はこちら!

  • フリーターからフリーランスに転身!

    時間給で働いているフリーターが収入をアップさせるためには、働き方を変えるしかありません。ブランクを嫌う日本社会でフリーターから会社員になるのは大変でも、フリーランスになってチャンスをつかむことはできます。

    READ MORE
    フリーターからフリーランスに転身!
  • 【デザイナー系】

    デザイナーの仕事は、企業や商品、サービスのイメージをデザインすることです。グラフィックデザイナーやDTPデザイナーならまとまった年収になるものの、イラストレーターの多くは年収が100万円にも満たないという状況です。

    READ MORE
    【デザイナー系】
  • 2つの違いってなに?

    フリーランスとフリーターは、名前が似ていることから同じだと誤解されてしまうことがありますが、フリーランスは個人で仕事を請け負っている人のことで、フリーターは非正規で会社に雇用されながら時間給で働く人のことです。

    READ MORE
    2つの違いってなに?
フリーランスに興味のある方へ

フリーターとフリーランスの違いや共通点を紹介し、フリーターからフリーランスへの転身を応援するサイトです。 質問・疑問はコチラへどうぞ!